長距離 引越し 手順

MENU

長距離引越しの手順

遠距離 引越し 手順

長距離 引越し 手順

遠距離 引っ越し 手順

遠距離 引越し 順番

 

引越しの時はすることが多くて嫌になりますが、ちゃんと順序を考えて効率的に動けば案外簡単に終わるものです。
引越しの大まかな手順をお知らせしておきますね。

 

引越しの手順は

・引越しすることが決まったら、まずは新居探しと契約がありますね。
新居の契約後から引越し準備がスタートです。まずは、新居に持って行く家財と処分する家財とを分けます。

 

新居に持って行く家財が決まったら、引越し業者に一括見積もりをしましょう。
荷物の量は出来るだけ少ない方が費用は安くなりますので、いらない家財は引越し前に処分してしまいましょう。

 

・見積もりが揃ったら、引越し業者を選んで契約しましょう。見積もり書と契約書は違いますので、サインするときはしっかり料金に何が含まれるか確認しておきましょう。
引越し日までに不用品がゴミカレンダーを見ながら処分します。大きな家財はあげる・売る・捨てるという方法があります。まだ使えるものは誰かにあげるかリサイクルショップに売る、オークションサイトに出品するなどして処分します。捨てる場合は自分でリサイクルセンターに持ち込むか有料で引き取りに来てもらう方法があります。

 

・引越し2週間前になるとちょっと忙しくなります。
市外への引越しの場合は市役所で転出届を提出しましょう。ほかにも国民年金、国民保険のことなどもついでに聞いておくと安心です。
電気・ガス・水道・電話・インターネット・郵便などのインフラは、それぞれの会社に電話して引越し日まで現住所、その後新居で使えるように手配しておきましょう。郵便は1年間前の住所でも転送してくれます。

 

・引越し当日までに荷物をダンボールに入れておきましょう。もし、見積もりのときとダンボールの数が大幅に変わった場合は必ず引越し業者に連絡しましょう。
当日、トラックにダンボールが入りきらないなどのトラブルと、追加料金が発生するかもしれません。

 

・引越し当日は、引越し業者にお任せください。家財の置き場所、ダンボールの置き場所を前もって考えておくと引越しも荷ほどきもスムーズです。
そしてご近所へのあいさつは引越し日か翌日には行きましょう。タイミングを逃すと行きにくくなります。
戸建てなら向こう三軒両隣に、マンションなら上下左右に挨拶しておきましょう。

 

・引越し後2週間以内に新居に最寄りの市町村役場で、市外からの引越しなら転入届を、市内での引越しなら転居届を提出しましょう。
そして、免許・カード類・銀行・パスポート・年金・保険など住所変更が必要なものは手続きをしましょう。

 

このように引越しにはすることが多いですが、順番にこなしていけばそんなに大変ではありませんよ。計画的に頑張ってくださいね。